友人達と、温泉に浸かり、ついでにオリオン座流星群を見ようということになった。

  • 出発前から「東にエデンを探しに行くんじゃ!」と豪語していたが、「途中で運転代わってね」と言われ絶望する。
    • 2年前のクリスマスに運転免許を取得して以来ペーパードライバーである。
    • 「大学生、友人達とのドライブ中に死亡事故」という記事がよぎる。
    • 「死んだ後に装甲悪鬼村正が届くとか親に顔見せできない」「来年分のほぼ日手帳を買ってしまったしまだ死ねない」などと叫びつつ天馬街道を運転する。
    • 天馬街道ってネーミングセンスは秀逸だと思う。天翔馬閃
    • なんとか死ななかった。間違ったら死にそうな運転だったと思う。ぺードライバーくらいに進化した。
  • 運転してない間は友人のデジカメで車中や風景などを撮影する。
    • カメラの基本は拙者モードとお主モードの使い分けである。
  • 十勝川温泉に浸かった。肌がツルツルしすぎで妙な感覚になる。温泉すごい。
  • 帯広に到着。ファミレスで豚丼を食う。おいしい。
    • 友人が注文したラーメンはハズレだったようだ。彼は「このラーメンは俺に寮飯の味を思い出させてくれた」と語る。その顔は無表情であった。
      • 寮飯は業者が変わるごとにまずくなると評判であった。在学中に2回は変わった。
        • また彼は「水曜日は必ずラーメンが出た。だから俺は水曜日は必ず部活に出ていた」と語る。この旅行で元寮生は彼しかおらず、彼の心の闇を知るものはいない…
  • 公園にて車中で仮眠し、流星群を観測するために郊外に出る。
  • まごうことなき流星群だった。満天の星空とはああいうのを言うんだな。
    • 観測中、謎の動物の鳴き声が聞こえビビる。
    • 熊とか鹿とかでは無いなにものかであった。友人がX-FILEの話を始めたので更にビビる。
    • 10月末の道央は本当に寒いので撤収することになる。
    • 霧が出てきたので、先ほどの鳴き声はサイレントヒル的なクリーチャーの鳴き声だったと納得する。
  • レンタカーのレンタル時間が余ったので室蘭まで足を運ぶ。
    • 地球岬ってなんなんだろう。
    • 道中に「ホテル エデン(廃屋)」があった。
  • エデンは西にあった。
広告を非表示にする